議会とは?

■市議会とは

市議会は、選挙で選ばれた議員で構成され、
市の予算や条例などの重要なことがらを審議し、決定する機関です。

●議員

平成18年3月20日の市町村合併に伴い、在任特例を適用し、合併直後は112人でした。
同年10月22日に新市初の議員改選を行い、11月1日より定数34名、
平成22年11月1日より定数を2名削減し32名となりました。

●議長と副議長

議長と副議長は、議員の中から選ばれます。
議長は、議場の秩序を保ち、議事を整理し、議会の事務を統理し、市議会を代表します。
副議長は、議長に事故があるとき、または欠けたときは、議長の代わりに職務を行います。


■市議会の仕事

●議決

市政を進めるうえで重要な事項は、市議会の議決により決定します。
[主なもの]
条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定、基準に従い契約の締結・財産の取得・処分など
副市長・教育委員・監査委員などの選任にあたっての同意など

●請願・陳情の審査

請願は本会議に上程され、委員会付託の後、委員会で審査されます。
本会議で採択された請願のうち、必要があるものは、市長などの執行機関へ送付し、その処理の経過等を請求することができます。
陳情は本会議へ上程せず、所管の委員会で審査されます。

●意見書の提出・決議

公共の利益に関係のある問題について、国や県などに意見書を提出したり、
市議会の意思を明らかにするために決議を行ったりします。


■市議会の運営

市議会には、定例会と臨時会があります。
定例会は、年4回(3月、6月、9月、12月)に開かれます。
臨時会は、必要に応じて開かれます。

●本会議

本会議は、議案などを審議し、市議会の最終的な意思を決める会議で、
原則として議員定数の半数以上の出席が必要です。
市長が議案の提案理由を説明したり、議員が市の一般事務について質問したりする会議です。

●委員会

市議会の最終的な決定(議決)は、本会議で行われますが、
効率的・専門的な審査をするために、常任委員会や特別委員会などを設置しています。

・常任委員会

 委員会名 所管部局等名
 総務常任委員会 総務部・総合政策部・市民生活部・会計管理者・議会・選挙管理委員会
公平委員会・監査委員・他の常任委員会に属さない事項
 教育民生常任委員会 健康福祉部・教育委員会
 経済常任委員会 産業振興部・農業委員会
 建設常任委員会 環境部・都市建設部・水道局

・議会運営委員会

議会運営などについて審査、調査する

■議案の流れ

予算や条例が決まるまで

< 本会議 >

  1. ①開会/議長が宣言。原則として議員定数(32人)の半数以上の出席が必要です。
  2. ②一般質問/市の一般事務について、議員が質問し、市長などが答弁します。
  3. ③議案等上程/議案には、市長から提出されるものと、議員から提出されるものがあります。
  4. ④提出者の説明/議案の内容について、提出者が説明します。
  5. ⑤質疑/議員が議案等について疑義をただし、市長などが答弁します。
  6. ⑥委員会付託/質疑が終わると、議案を効率的・専門的に審査するため、委員会に送ります。

< 委員会 >

  1. 説明/議案等について、部長などから説明を聞きます。
  2. ②質疑/委員が質疑を行います。
  3. ③討論/賛成か反対かの意見を述べます。
  4. ④採決/委員会として賛成か反対かを、出席委員の過半数で決めます。

< 本会議 >

    1. ①委員長報告/委員会での審査結果を報告します。
    2. ②質疑/委員長報告について質疑を行います。
    3. ③討論/賛成か反対かの意見を述べます。
    4. ④採決/賛成か反対かを出席議員の過半数で決めます。
    5. ⑤閉会/すべての議案等の採決が終われば閉会となります。

議決した条例等の結果は市長に送付されます。